横浜みなとみらいの神奈川新聞花火大会の後継、スマートフェスティバルに行ったはなし

子連れでお出かけ
広告
広告

横浜市の花火大会の歴史

横浜市は昔、10年ぐらい前までは

横浜国際花火大会;山下公園でやる花火大会。みなと国際花火大会とも言う、毎年海の日の前日
神奈川新聞花火大会:みなとみらいでやる花火大会。毎年8月1日固定。

の、二つの花火大会がありました。

広告

横浜国際花火大会→みなと国際花火大会→線香花火大会→スパークリングトワイライト

私が大学生だった20年前は、山下公園の花火大会は花火の打ち上げが開始してから会場に行っても、ゆったり芝生に敷物を敷いて見られるくらいすいていました。しかし、そのころから徐々に混雑しだして、10年前には、15時頃から周辺の交通が麻痺してしまう状況となっていました。そして2009年、開国150周年イベント「横浜開国博」と重なって会場警備が危険だという理由で、7月の開催が中止になり、同年の9月に「みんなで線香花火をやろう」みたいな謎企画で復活しました。(私、これにも長男次男を連れていきました。謎企画すぎてすごかったです)

翌年から規模をだいぶ縮小して「横浜スパークリングトワイライト」として復活したりしなかったりでした。
スパークリングトワイライトになってからも、無料席が多い、市民にはうれしい花火大会です。

そういえば、線香花火大会の時
「開国150年だから150メートルのナイヤガラをします。来年から1メートルずつ伸ばして開国160年につなげよう!」
って話があったのですが・・・どうなったのでしょう。開国160年は来年です^^;

広告

神奈川新聞花火大会→スマートフェスティバル?

毎年8月1日、平日だろうが土日だろうが開催していた花火大会。

むかしむかし、みなとみらい地区がだだっ広い空き地だらけだった頃からの花火大会です。
打上場所に近い臨港パークが長らく無料開放されていたので、とにかく人気で、水際は1週間前からテントを張って場所取りする人がいたりしてました。
横浜国際花火大会の山下公園よりは後にできたエリアのため、交通事情が悪くなく交通マヒもあまりおこらず、臨港パークにも花火打ち上げ1時間ぐらいまでは自由に入出場できる状態でした。
臨港バースという海上の特設有料席(7500円)の数も多く、1度だけそこで見たことがありますが音楽とのコラボが素晴らしかったです。
ところが数年前から、観覧客が増えすぎたからか、臨港パークや新港パークを有料にして、1500円払って入場するようになりました。
それと同時くらいから、路上で観覧する人が増え(というか、観覧客が爆発的に増えたし、観覧場所も限られたので、もうにっちもさっちもいかなくて路上で見るしかなくなってきた)
わたしも2014年ぐらいからは、花火を見に行っても前に進めず、やむなく路上から見ていました。

そして2016年の花火大会の終了後「みなとみらい地区の開発がすすみ、十分な観覧場所が確保できなくなった」という理由で主催者の神奈川新聞より中止が発表されました。
一説には、路上で見る人が多くて救急車や消防車の通行が確保できないという理由だと言われています。

この花火大会、すごく人気があっただけに中止が惜しまれていて、復活が望まれていたのですが、なかなか復活せず。。。

それがいきなり、9月8日、スマートフェスティバルとして復活?したんです。

広告

突如Twitterに花火大会の告知が → しかも不確定

9月8日の朝、朝ご飯後にのんびりツイッターをしていたら
フォローしている神奈川新聞が次のような内容でツイートしていました。
「本日19:30からみなとみらいで花火大会やるよ」
しかし、特に主催者ポスター画像などは無く、文字だけ。

え?え?と思いつつ、ツイート文章の下のURLをクリックすると
海上保安用第三管区のページ(現在は削除されています)で、「この海区のココで花火大会やるよ」という記述が。

ツイッターの情報だけならデマだと思うけど、出所が神奈川新聞という神奈川県ではビッグメディアで、しかもエビデンスが海上保安庁ならデマではないでしょう。しかし、どこにも花火大会があるなんて告知はない。

みなとみらいには先週の日曜日にも行ったけど、どこにも書いていませんでした。桜木町に勤務している父に聞いても「知らないなー」とのこと。
今日、みなとみらいの臨港パークでやるっぽいイベント「スマートフェスティバル」がそれっぽいなとアタリをつけてみましたが、公式サイトhttp://www.mmsf.jp/にも「音と光で彩るスカイシンフォニー イン ヨコハマ presented by コロワイド」としか書いていなくてよくわからない。Twitterで花火大会やりますか?と運営に質問している人がいましたが、運営さんからの回答はなし。

本当にやるの???

広告

臨港パークへ向かい、チケットを購入

とりあえず、花火が見れたらラッキーだなという気持ちでみなとみらいに行ってみました。19時前に到着。19時半から花火打ち上げだとのことだけれど、まるで普通の土日の夜的なすきっぷり。
駐車場もあいているので、いつも停めてるランドマーク駐車場に停める。ここ、会員(無料)だと1時間無料なので良いです。
会場の臨港パークに向かってみます。

どこにも花火大会の日のウキウキした感じがない。
パシフィコ横浜まで行って、やっと警備員さんがおり「会場にはチケットが必要です。チケット売り場は~」と案内していました。

指定席の有料席→7,500円
芝生席の有料席→1,500円

迷わず1,500円の方を購入。この値段設定、神奈川新聞花火大会の時と一緒ですね。懐かしくてホッコリします。

花火大会のチケットが当日の開始30分前に残っているというのは、信じがたいですが残っていました。そして割とチケット売り場もすいてまました。

広告

コロワイドプレゼンツ!伝説の花火大会

会場入り口。これも人がいないです。

さらに衝撃的なことに!
中の飲食物販では、余ってしまったのか全品100円をやってます。
缶ビール(発泡酒ではない。本物のビール)も100円ですよ!
車で来てるから、会場で飲むつもりはないけど家で飲むために少し買いました。
子ども達も食べたーいというので、フランクフルトやたこ焼きなどなどを少々。

会場内、ステージの前は混んでるけど、奥に行くと人がいないです。

敷物敷き放題で座れました。ベビーカーもまったく邪魔にならないです。

こんなで本当にやるの????と思ってましたが。

はじまりました!

30分2万発という前情報でしたが、実際は25分2万発の花火大会!
DJのアゲアゲなMCと共に、コロワイドプレゼンツの伝説の花火大会が開始!

コロワイドって地元神奈川の会社で、居酒屋さんをやっている会社なんですねー。夜は無理ですけど、こんどランチに子連れで行ってみます。
他には地元のパチンコチェーン吉兆や、電気屋さんのnojima、通信キャリアのKDDIとかDOCOMOがスポンサーみたいでした。感謝感謝。

すごいすごい!

すごかったーです。

普通の花火大会は、三脚をたてて数秒間露光をすることで何発もの花火を重ねて撮影するのですが
この花火大会はそれをやると、花火の密度が濃すぎて明るさで真っ白になってしまいます。

なので、カメラの設定は以下のとおり。

露光時間1/8秒
ISO200
手持ち撮影(三脚を自宅に忘れた)
明るすぎるので露出補正-0.3

こんな花火大会はじめてです。今回は撮影のためにきたわけではなかったので、打上場所に近いところに座ること重視で、画角に前方の人の頭が入りましたが、人のまったくいない後ろのほうもガラガラでした。
会場内は開催中も開催後もゆったりした通路がとられており、ベビーカーで行ってもスムーズに帰れました。

終わった直後、かえりみちで後ろを振り向いて撮影。美しい。
この芝生のところで寝転んでみるのも良かったかも。

広告

考察:どうしてシークレット花火大会、ゲリラ開催花火大会を?2019年は?

(仮説)この素晴らしい2万発の花火が決定したのが直前で、広告できなかった
→後から調べたら、どうやら8月後半には決まっていて、チョロチョロと花火撮影マニアの間でネット上に情報が出ていたので、それはないかも。

(仮説)予算不足で広告費がとれなかった?
→あるかもしれない。うーん、でも、無料でインフルエンスできるTwitterやらブログにあまり情報があがっていないので、どうなんでしょう。

(仮説)過去の花火大会のように大混雑になるといけないから、ゲリラ開催にした?
→あるかもしれない。おかげでガラガラでした。

2019年もぜひ、開催してほしいです。会場警備の問題でシークレット気味にしていたのなら、今回は少ししすぎだったかなと思います。せめて、3日前にはアナウンスして有料席を全部埋めるぐらいはしたほうがよかったですよね。

アカアカ
アカアカ

でもまあ、今回のようなシークレット開催でも、私は花火好きの横浜市民として、探して行きます!
来年は見つけたら、事前に自分のブログやTwitterで告知してから行こうと思います。

2019年、横浜開港160周年!

160メートルのナイアガラ(爆)と共に!


にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
にほんブログ村

コメント