フェリシモのつまみ細工キットで作ったよ

お買い物
広告

フェリシモのサロンに先月参加したときのモニターでつまみ細工キット第一回が送られてきたので、さっそく作りました!
のーんびりと、日曜日の午後、おやつを食べておなかいっぱいの時間にゆったり作りました。
子供達とパパが横のテレビでテトリスしてるのを見ながら^^

つまみ細工とは

江戸時代からの工芸で、かんざしとかに使われてました。最近はその技法を用いて、成人式七五三の髪飾りだけではなく、帯飾りやコサージュも作られています。
・・・というのがよく言われている「つまみ細工とは」です。
ここ10年ぐらい、ハンドメイド好きの女性の間では、自分達でお花を作って、服につけたり、コサージュにしたりというのが流行っています。
一部のハンドメイド好きつまみ細工好き女性が、「つまみ細工」をワークショップにして、講習会を開いたり、ママフェスやママまつり的な、ママのデザフェス・ハンドメイドマーケットみたいなイベントでは、つまみ細工作品を販売するブースを出店したり・・・という感じです。

見てる分には、すっごいキレイだけど、作るの大変なんでしょう?という感想です。

キットにはこんなものがはいっていました!

モニターでいただいたのは、フェリシモクチュリエのつまみ細工「はじめてさんのきほんのき」
基本のきだから、5分でできるようなものかなーと思っていたら、ガッツリ布が4枚・ピンセット・花の芯がいっぱい・接着剤・取説が2枚・・・・入っていました。

自分で用意するものとしては、ロータリーカッター(ローラーカッター)やカッターマットがあるとよいと書いてありましたのでそれらを準備しました。ローラーカッターはネットにはDAISOに売っているとのことでしたが、私はDAISOの大型店を2店まわってもみつけられませんでした^^;なので、ネットで購入。
カッターマットは、会社にいっぱいあったので借りてきました^^;

ほかには、クリアファイル(下に敷く)や、つまようじがあるとよいそうです。
相変わらずつまようじはなかったので、デンタルフロスを使います(笑)

あって本当によかったもの:ロータリーカッター

あって本当によかったものは、ロータリーカッター(ローラーカッター・サークルカッター)です。
布を本当にスーッとまっすぐに切れます。
これは先日のサロンに参加したときに、デモンストレーションをされてた先生が魔法みたいに布を切っているのをみて、絶対に買わなきゃ!と思ったものですが、本当に買ってよかったです。布を切るのが苦になりませんし、きれいにまっすぐきれます。快感です。あとは、ロータリーカッターを使うときにあてる、片側が金属になっている透明定規もマストで!
フェリシモ Cloverクロバー ロータリーカッター(45mm)と替刃セット【送料:450円+税】

カッターマットは5ミリ単位のものが便利

カッターマットはいろいろな種類が売っていますが、1ミリ単位の細かいものより、5ミリ単位のおおざっぱなほうが便利です。5ミリだとどこに合わせればいいか、途中でわけがわからなくなってきます・・・・
私は両方用意して、最初は細かいほうでやっていましたが、うまく使えないので途中から5ミリ単位の方を使うようになりました。

一番の難関は・・・花弁を台座につけるところ。失敗しつつも試行錯誤

つまみ細工は、小さく切ったチリメン布を、三角に折って、はなびらのようにつくります。
それを何個も作って、台座に貼り付けて、お花状にするのですが
台座に花びらをバランスよくつけるのが難しい!
接着剤が固まるまでゆらゆら動いちゃうし、こっちを押せばあっちが動いちゃいます

なんかすぐにピシっと固まる接着剤があればいいのですが・・・こればかりは慣れあるのみでしょうか。

フェリシモクチュリエの「はじめてさんのきほんのき」

今回モニターしたのはコレ、「きほんのき」です。
とにかく花びらを台座につけるのに苦戦して、でもなんとかこの3つを作り上げられました。
1つめ。基本のきのお花。これはまあまあうまくできた

2つめ。花びらの多いお花。だんだん崩れてきた。

3つめ。花びらが二重のお花。あーもうやばい。

午後2時ぐらいから作り始めて、となりのパパや子供達のゲーム(テトリス99)を見ながらおしゃべりしながら作って午後5時前ぐらいにはできたかな。ずばり3時間で3個。
1時間に1個できました。

費用は1セット1,700円程度なので、3個作れるので1個のお花が500円という感じですね。
作り方もわかってこれなら、コスパが良い気がします。

ほんとはクリップに取り付けるのだけど、このお花は長女2歳の七五三の飾りに使おうと思います。

いずれ加工したら、加工後の写真をアップします^^

フェリシモ きれいに作れるコツが学べる つまみ細工 「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会【送料:450+税】

おまけ:オルゴナイト自作までの道

1か月前にレジンをやって、面白いからオルゴナイトを作ろうかな~と書いてからそのまんまにしていましたが、その続報です。重い腰をあげて、作ることにしました。

オルゴナイトに必要なものは水晶・オルゴナイトの型・銅線・金属。

水晶は、元々水晶拾いが趣味なので、拾ってきた水晶がたくさんあります。
使えそうな六角柱もあります。

使えそうな水晶の一部

オルゴナイトの型は・・・いいのがないです^^;DAISOでそれっぽい型(キャスト)を見つけたのですが、私が持っているサイズの水晶だと中に入らない。はみだしてしまいます。

型(キャスト)をさがしつつ、銅線と金属を集めようと思います。

水晶も、新しいのが欲しいからゴールデンウィークあたりに拾いに行こうかな。

コメント