驚愕!実は記念日が間違い。写真の日、カメラ発明記念日

雑学

写真関連の記念日について、業界誌にちょっと面白いネタが掲載されていたので
備忘録を兼ねてブログに記載します。

6月1日写真の日は本当は違ウンです

1839年8月19日にパリでダゲレオタイプのカメラが発表されました。
有史以来、人類ははじめて写真というものに触れました。

その後、1841年6月1日、日本で最初の撮影(上野俊之丞が島津斉彬を撮影)が行われたという伝承にもとづいて
1951年に「写真の日」が6月1日と制定されました。
しかし、のちのちそれは間違いだったと発覚しています。

なんと、天保12年(1841年)6月1日には島津斉彬は江戸藩邸に滞留中という記録が残っているそうです。
撮影がされたのは九州ということになっていますので、江戸と九州では・・・・ちょっと距離がありますね。

最初のカメラの輸入は1843年より後だったそうです。
しかも、最初の来日時は、カメラが来ただけですぐに持ち帰られた。

その後、だいぶたってからカメラが日本に届き
最初の撮影成功は1857年9月17日に薩摩藩士が島津斉彬を撮影したものとされてます。

記念日にされている1841年から遅れること15年以上です。

そんなこんなで、今では写真業界人の誰もが「日本の最初の撮影は6月1日というのは間違い」ということを知っていますが、

・一度設定した「記念日」を覆すのもなんだかな
・6月は写真屋にとって一番ヒマな時期(梅雨だから)なので需要喚起になるかな
・記念日設定に、大変尽力した写真史家がいたみたいだから・・・

などなどの理由で現在では「6月1日写真の日」で定着しております。
どれが真の理由かはよくわかりませんが、写真業界的には一番上の「一度設定したものを覆すのはよくない」だそうです。

カメラの日、カメラ発明記念日は8月19日?3月19日?正しいのはどちら?

そして今度は、いつの間にか
3月19日がカメラの日
として、WEBに掲載されるようになりました。

「カメラ発明記念日」は、今から180年前の1839年3月19日、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが「ダゲレオタイプ」と呼ばれる写真機を発明したことに由来します。

という記載があるサイトが多く見られます。

ですが、これは間違いです!!!!

ダゲールがダゲレオタイプのカメラをフランス学士院に発表したのは、の1839年8月19日です。
なぜか8月19日が3月19日と間違えて認識されて、WEBの世界では流布されているのです。

これを憂えた、日本カメラ博物館の館長の石川泰憲さんが
3年前から業界で訴え続けて、やっと今年の3月23日に、誤情報の出どころと思われる場所(今日は●の日~●●が●念日~という記念日サイト)の記述を削除することに成功したそうです。

そしてあらためて「8月19日がカメラ発明記念日!」と正しい情報を伝えたいと活動されています。

個人的には「日本記念日協会」などの機関に記念日登録をするのが
正しい情報を伝える第一歩だと思うのですが
記念日制定にはお金もかかるし、、、
サイトを見たら登録料15万円と書かれてましたので、難しいんですかね^^;;

そして個人的には・・・「6月1日写真の日の間違い」と何が違うんだろ??とも思いますが
まあ、「間違いをきちんと正そう」と奔走した人がいたかいないかの違いでしょうか。
また「6月1日写真の日の間違い」については、誰がどういうプロセスで間違って発表したかなどがきちんとわかっているので、「本当は8月19日なのに、いつの間にか3月19日にすり替わっている!」というナゾなこちらとは違うのかもしれません。

アルバムの日 と 親子の日

その他の写真関連の記念日は、歴史に基づいた記念日ではなく
企業や財団法人の方が自分たちの活動をPRするために作成した登録記念日です。
ですが、その中でも歴史が古いふたつをご紹介します。

12月5日アルバムの日
アルバムメーカー(文具メーカーナカバヤシ)が写真家・浅田政志のアルバムへの想いに賛同して、制定。「いつかつくろう」で12月5日だそうです。
写真屋さん業界的には、12月は年賀状で大変忙しい時期なため「12月に記念日を作るなんて、何を考えているんだ!?」となったとか、ならないとか・・・・
なぜ12月5日かはゴロ合わせ。はい(8)チー(2)ズ(2)だそうです。

おそらく、写真関連で企業が作った記念日ではアルバムの日が一番古く設定されたはずです。
2010年にはもうありましたので。
(制定は2009年か2010年のどちらかかなと思います。大阪梅田のHEPFIVEで実施されたイベントで発表されていた記憶があります)

7月の第4日曜日 親子の日
写真家のブルース・オズボーン氏が代表をつとめる「親子の日」普及推進委員会が制定。
日付は5月の第2日曜日が「母の日」、6月の第3日曜日が「父の日」であることから、翌月の7月の第4日曜日としたもの。
「親子の日」普及推進委員会は第5号「記念日文化功労賞」を受賞。

親子の日は2003年から活動がはじまっているそうです。歴史が長いです。
写真業界人の私が認識したのは2011年の東日本大震災のタイミングでです。

その他の写真関連の記念日 遺影撮影 しあわせ写真 フォトの日 はいチーズ! 等身大フォト 家族写真

ここから下は、その他の写真関連の記念日です。ほぼすべて、企業か協会が自社の活動を語呂合わせで記念日にしています。

1月8日遺影撮影の日
株式会社サンクリエーションが制定。なぜ1月8日かはゴロ合わせ。「遺(い=1)影撮(えいと=8)る日」だそうです。

4月4日しあわせ写真の日
一般社団法人全日本福祉写真協会が制定。
なぜ4月4日かはゴロ合わせ。「し(4)あわせ」と読む語呂合わせから。

4月10日フォトの日
フォトの日推進委員会(株式会社ビックカメラ・株式会社キタムラ・株式会社コイデカメラ・株式会社プラザクリエイト・株式会社ヨドバシカメラ)が制定。
この委員会に名を連ねてる会社は、関東~全国エリアでの写真店での大所ですね。
なぜ4月10日かはゴロ合わせ。フォ(4)ト(10)だそうです。

8月22日はいチーズ!の日
「はいチーズ!」という学校写真販売サイトを運営する千株式会社が制定。
なぜ8月22日かはゴロ合わせ。はい(8)チー(2)ズ(2)だそうです。

10月4日等身大フォトの日
る株式会社アスカネットが制定。
なぜ10月4日かはゴロ合わせ。「とう(10)し(4)んだい=等身大」だそうです。

10月23日家族写真の日
一般社団法人日本おひるねアート協会が制定。
なぜ10月23日かはゴロ合わせ。「撮(と=10)ろうファミリー(23)」だそうです。

まとめ:記念日って実はビジネス!?

こうやって見ると、写真関連の記念日のうち
歴史にかかわるものは2つ
・6月1日写真の日
・3月19日カメラ発明記念の日

それ以外の記念日については

・7月第4日曜日 親子の日
・12月5日 写真の日

は、写真家が意思をもって制定したもの

さらにそれ以外の記念日については

・1月8日遺影撮影の日
・4月4日しあわせ写真の日
・4月10日フォトの日
・8月22日はいチーズ!の日
・10月4日等身大フォトの日
・10月23日家族写真の日

については企業や協会が自社のビジネスPRや普及のために制定登録したものなんですね。
なんか記念日ビジネス、おもしろいですね。

コメント