インド旅行でアーユルヴェーダしたらデング熱にかかった闘病記録体験記

タビ
スポンサーリンク

私がほぼ毎年のように行っていたインド旅行をやめるきっかけになった事件です。
インドでデング熱にかかりました。

当時、私はアーユルヴェーダにハマっていて、インドのいろいろな街のアーユルヴェーダ医院に行きました。

そして最終的に、インドの普通の大型病院の、アーユルヴェーダ科に診察を受けに行くというところまで行きつきました。

スポンサーリンク

ホーリーファミリーホスピタルでアーユルヴェーダ治療を受ける

アーユルヴェーダ好きなら通る道でしょうか。美容サロンで受ける施術じゃ物足りなくなって、日本でも有名なビーマパット先生が当時おられた、ホーリーファミリーホスピタルに行きました。

ホーリーファミリーホスピタル、わたしは個人病院かと思っていったのですが、いやいや。日本赤十字病院みたいに大きな大きな病院でした。

当時は(今でもそうらしいけど)フリーで行った日本人のカップルを快く受け入れてくれて、患者登録し、ビーマパッド先生が自ら診察してくれて

そこで、美容サロンでは受けられなかったようなディープな数々のアーユルヴェーダの施術を受けて、大満足したものです。

もう20年前なんで、何を受けたか忘れちゃったけど、変な薬草の風呂につかるとか・・・だったような。しかも、1回とかじゃなくて、数日間。

施術には大満足だったのですが、行ったタイミングのインドは雨期で、蚊がいっぱいいました(><)

何日か通ったのですが、最終日、日本に帰る前日だったと思うのですが、けっこう蚊に刺されました。病院の待合室で蚊にさされるなんて・・・大丈夫かな、とちょっと心配になったのを覚えています。

スポンサーリンク

帰国してから数日後、下痢がとまらない。だるい。熱も出る。そして発疹

帰国してから数日後・・・

いつも帰国してから数日間は、インド疲れがどっと出て、寝込んだり、下痢したりするのですが、いつもよりひどい下痢に悩まされました。

センシング技術の学会とかの予定を入れていたので、だるさを押して行ったのですが、そこでも30分おきにトイレに行くような状況で、一緒に行ってた先輩に心配されました。

さらに、仕事をしていたら、なんか腕がかゆい。

スーツの腕をまくってみると、赤い斑点が腕いっぱいに出てる。

ええーーーー。これは、コレラとか赤痢ってやつ!?

すぐに職場のPCで、こういう海外旅行から帰って体調が悪くなったら「感染症科」に行くっていうのを調べて、早退してタクシーで横浜市市民病院に行きました。
横浜市民病院では、感染症科は病院の奥の奥、そこだけ受付も違うような作りになっていて、待合室には深刻そうな人が多くいて、えー、なんかヤバイとこ来ちゃった。って感じでした。

すぐに血液検査しようってなったのですが
脱水症状ぎみで検査に必要な血がとれない・・・ということでまずは点滴することに

点滴→血液検査→デング熱と判明

スポンサーリンク

デング熱治療は自宅療養

デング熱! これは入院か!?と思ったのですが、結局、家で安静にしてくださいと自宅に返されました。
うーん。で、1週間会社はオヤスミして(海外旅行かえって早々、1週間休むなんてよくクビにならなかったよねーーー)1週間後にまた病院でチェックして、治っててOKとなりました。

記憶では、かゆいかゆい斑点みたいな蕁麻疹みたいな、発疹が出て、ちょっと熱が出て1週間寝てただけです。かゆいのが辛かったのを、ものすごーーーーく覚えています。

スポンサーリンク

海外では蚊対策が大事!

これにつきます。海外行ったら、否、日本ででも蚊に刺されないように対策しないといけませんね。私は蚊よけスプレーが苦手なので、肌を露出させない。これに尽きると思います。

コメント