敬老の日に認知症の祖母に花束を

お買い物
広告

私には認知症の祖母がいまして、5年ぐらい前までは、すごく素敵でシャキシャキして前衛的?先進的な女性だったのですが、認知症になってからはシャキシャキや前衛的や先進性は毒になり、周囲をつらい気持ちにさせています。その祖母へ敬老の日、どう気持ちに折り合いをつけていくかなどなど、逡巡する思いを書き綴ってみました。

広告

敬老の日は9月15日?

敬老の日、私はずーーーっと9月15日だと思っていたのですが、いつの間にか9月の第三月曜日になっていましたのですね。
いつの間にか、いや、正確には2004年にハッピーマンデー制度

小泉政権の時に決まった、週中の祝日で移動できるものを月曜日にするというものですね。こう考えると、本当に小泉純一郎首相っておもしろいことをいっぱいしてますね。当時は批判もあったのかもですが、今考えると良いかも

の時に、9月の第三月曜日になったそうです。母の日や父の日が〇月の第〇日曜日なのに、敬老の日だけビシっと日付が決まっていて変だと思っていたんだ。良いかもしれないですね。

広告

敬老の日に素直に感謝できない複雑な気持ち

おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントを持っていって、日ごろの感謝をお伝えする日・・・と思っています。
なんか一緒に住んでいなかったりすると、感謝を伝えるってのは、ちょっと子供にはイメージわかないんだろうな、とか思いますが^^;
現代社会において、無条件に老人に感謝をするっていうのも、なんだか不思議な気がしますが・・・

今の平和な社会をつないでくれて、ありがとう
私を産んでくれた、お父さんお母さんを産んでくれてありがとう

こんな感じでしょうか。

広告

私の場合、認知症の祖母に花束を・・・?

私の祖父母は4人いたはずですが、3人が天国で、存命なのは父方の祖母だけになっています。
その父方の祖母は・・・認知症で、毎日ちょっと大変な状態です。
近くに住んでいる母が在宅でお世話(掃除洗濯お風呂はケアしてくださる方が来てくれますが、それ以外の「話し相手」という時間のかかり精神をすり減らすお世話。。。)をしています。ほんとにちょっと大変な様子で、私は毎日母の愚痴を聞くことしかできないのがもどかしい状態です。

施設は空き待ち。デイは「行きたくない」と言う。何かをプレゼントしても3分後には忘れる。お花を飾れば庭に埋める。お菓子を買ってくれば、目を離すと一人で全部、超早食いして5分くらいで食べちゃう。使用済みオムツはいろんな場所(冷蔵庫とか食糧保管庫とか・・・)に隠す。

この状況で祖母に感謝の気持ちを伝えるのは、傍若無人な素のままの自分本位で考えると、気持ち的になかなか難しいなというのが本音です。
昔の、素敵な祖母だったら、心からの感謝だったのですが。
でも、、、なんでしょうね。敬老の日というのはお葬式なんかと一緒で、やる側の心の整理も込みなのかな。宗教の戒律なんかと一緒で、「それを守る自分、敬老の日に祖父母を敬う自分」でいられるというのが、社会の中に生きる人間としての、守りたい部分なのかなと思います。
昔の祖母を思い出し、今の祖母もひっくるめて、敬老の日に感謝するのかなと思います。

くどくど書きましたが、自分のためにやります。

日比谷花壇

広告

ひねくれものが敬老の日に贈る、消え物(きえもの)ギフト

認知症の祖母、残ってしまうギフトはその後どうなるかわからないので、消え物のギフトでいきたいと思います。(置物や装飾品を渡しても、結局庭に埋めるか、隠すかされるだけ・・・)

消えものというと、生活消耗品(お香や入浴剤)とちょっと贅沢品(高級なお菓子や、お花)のパターンがあると思いますが、ここは敬老の日の感謝の意なので、贅沢品のほうで。
渡して、お菓子は一気に一緒に食べちゃう、お花は飾って、私が帰るときに(世話をしている)実母宅にもっていく・・・というのが良いパターンかなと思います。

もし、施設とかに入居していたら、訪問した時だけ祖母の部屋に飾って、帰るときにお菓子もお花も施設の方達にお渡ししたほうがいいですね・・・共有の場所か、スタッフさんの詰め所に飾っていただいて、お菓子は皆さんで食べていただければいいと思います。

やっぱり消えもの界最強、ですね。
お花+お菓子のギフトは。

お花は信頼のおけるフラワーショップで買えばよいとして

今年の中秋の名月は2019年9月13日、そして敬老の日は2019年9月16日。
敬老の日だけって考えると、お菓子選びに迷うのですが
今年は、中秋の名月をイメージする和菓子にすると、選びやすいしセンスがいいのかなぁと思います。

ここからは、月や満月をテーマにした和菓子をレビューします。

広告

文明堂の三笠山。。文明堂は工場直売所も(^_-)-☆

カステラ一番でんわは二番の文明堂。

どら焼きは「三笠山」、百人一首の安倍仲麿の有名な歌にちなんでます。多分。

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

全国に文明堂があって、わかりにくいのですが
どこの文明堂もどら焼きは三笠山です。

そうそう。わたしの叔母が文明堂の工場でバイトしていて、直売所で売ってる『金カステラの端切れ』を時々持ってきてくれて、それが超絶品!なので自分でも買いたいな~と工場直売を探して行ったけど、売ってなかった・・・・ってコトがありました。
よくよく調べたら、私が行った文明堂の直売所は「東京文明堂の工場」(←直売所は結構有名。ネットで調べるとすぐ出てくる)で、叔母が勤めているのは「横濱文明堂」(←こっちも直売所あり)だったのです。超複雑です。

こっちが東京文明堂の工場直売所↓

こっちが横濱文明堂の工場直売所↓

敬老の日はご進物なので、工場直売所の端切れやB品じゃ困るので(まあ、祖母が認知症なので、華美な包装不要ということで良いかもしれないけど・・・)ちゃんとした三笠山がいいですね。

 

夏限定のこしあんもあるけど

私は粒あんが好き☆彡
仕事中のオヤツに食べました^^

広告

月三笠とフラワーアレンジメント。上品な一口サイズ

こちらは同じ文明堂でも、三笠山より小さいサイズの月三笠とフラワーギフトが一緒になったもの。
シニアでも食べきれる小ぶりサイズ・・・うちの祖母はすごい量食べちゃうけどね(><)

さすが日比谷花壇のフラワー、お美しい。

【日比谷花壇】敬老の日 文明堂「月三笠」とアレンジメントのセット

広告

(オマケ)ドラえもんの誕生日にどら焼きを

9月3日はドラえもんの誕生日。毎年ドラえもん誕生日スペシャルを楽しみにしてたな~

広告

菓匠清閑院「秋夜のうさぎ」とフラワーギフト

本店は京都のお菓子屋さん・・・だけど、けっこうこっちのほうでもラゾーナとかいろいろなショッピングモールやデパートに出店していてお馴染みの清閑院さんの「秋夜のうさぎ」とアレンジメントのセット。
秋夜のうさぎはパッケージがとにかくかわいくて、ミルク餡のおまんじゅう・・・なので、餡子や和菓子が苦手な方にも良いかもですね。

【日比谷花壇】敬老の日 菓匠清閑院「秋夜のうさぎ」とアレンジメントのセット

広告

三全「萩の月」と花束を贈ると、、、さらに美しい

あーもう、絶対おいしい!
日本全国のご当地銘菓選手権やったら、絶対に上位に食い込むであろう「萩の月」
とにかくおいしい。というか、これ、和菓子じゃないよね?なんだか物凄く美味しい和洋折衷菓子ですよね。
食べたことない人のために説明すると、カスタードクリームの餡を卵の香り強めの、やわらかしっとりのカステラで丸く包んだお菓子です。餡が洋菓子寄りな感じで、とにかく美味しいのです。
しかもこれ、東北でしか売ってないのです。他地域では、お土産で買ってきてもらうか、物産展で買うかしないと食べられないです。仙台に出張に行ったときは絶対に買ってきます。

東北支社の子は、「三全がやってる洋菓子のお店のパイがめちゃ美味しい」と言ってました。こっちも出張で行ったときに食べましたが、美味しかったです!(でも、持ち帰りは難しい感じ^^;)

その萩の月とフラワーアレンジメントのセット。

【日比谷花壇】敬老の日 菓匠 三全「萩の月」とリンドウ「白寿」のセット

広告

まとめ:甘いもの(お菓子)と美しいもの(花)で心を豊かに

やっぱり、美味しいお菓子ときれいなお花って

日常のささくれだった気持ちや、黒い思いを、まあるく、やさしい色に変えてくれます。
敬老の日にお菓子とお花で、祖母にやさしく接せるかな。祖母の部屋に花を飾ったままにすると、大変なことになりそうなので、おばあちゃんに見せたら、そのあとは大変な思いをしている母に「自分の家に飾ってください」って渡すけど(^_-)-☆

コメント