夏休みのペナン旅行で、コムターの屋上のThe TOP Penangのスカイウォークに家族5人で行きました。

タビ
スポンサーリンク

夏休みのマレーシア、ペナン旅行で、コムターの屋上のThe TOP Penangに家族5人で行きました。

ジョージタウンを歩いていると、どこからでもよく見えるコムター。
ここの最上階が横浜ランドマークタワーの展望台みたいになっているというので、行ってみました。
日本では、東京タワーやスカイツリー、あべのハルカスのどれにも上ったことないのにね^^;

スポンサーリンク

ジョージタウンから歩いてコムターへ

バス停の時間はよくわからないし、googleで見たら徒歩でも10分弱で着くって言うし、ちょうど美味しい食堂でコイテオヌードルを食べ終わって、食後の散歩をしたいなーという感じだったので、のんびり歩いていくことにしました。

なんだかよくわからないけど、お仏壇のお供え物屋さんストリートみたいなところを歩いて向かいました。偽の紙幣(お供え用)がたっくさん売ってました。
マレーシア、ペナン島ジョージタウンの歩道は、ちょっとだけベビーカーに優しくないです。(歩道幅は狭いし、段差もあるし)

途中、おもちゃ屋さんもありました。懐かしの雰囲気。

おもちゃ屋さんでは、コンドミニアムのプールで泳ぐための水中メガネを忘れていたので購入。
兄弟2人分、2個買いました。1個が15マレーシアリンギットで、もうひとつが6リンギット。高い方は、日本に帰っても使えていますが、安いほうは、秒で壊れました。

バービーなどのファッションドールを買うのが好きなので、チェック。
この時は買わなかったけど、買えばよかったかなー。シリーちゃんだって。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そうこうしてるうちに、やっとコムターに到着。

コムターらしき建物に到着したあとも、3階に行ったり、地下1階に行ったりグルグルと迷子になりつつ、やっとThe TOP Penangの入り口を発見。20分ぐらいかかったかも!迷ったです。

入り口で記念撮影。アイラブペナン!
ちなみに、1階まで降りなくても、他の建物とも接続している3階からスムーズに行けるのでした。

3階から5階まで、水族館?などの施設入り口を経てチケット売り場へ。

チケット売り場ではファンパス(水族館や恐竜のアトラクションが遊べるパス)か展望台だけのパスかを選んで購入します。
うちは展望台だけを選択。家族全員で200マレーシアリンギットちょい。
展望台料金としては、横浜ランドマークタワーとあんまり変わらない。

チケットは手首に巻いてもらうタイプ

スポンサーリンク

ベビーカーは5階まで。抱っこ紐必携です。

チケットを購入したら、次はまた延々歩いてエレベーター乗り場まで移動。
途中、蝋人形やお土産屋さんやイベント会場を通過。
やっとエレベーター乗り場の近くまで来た!と思ったら、今度は呼び止められてベビーカーを預けます。これが無料なんだけど、手続きに結構時間がかかるんです。(所有者情報を全部端末に入力なので)
ここから先は長女がベビーカーなし^^;私たちは忘れましたが、抱っこ紐を持ってきた方がラクだったかも。

エレベーターに乗るぞ!となると、乗車前に写真撮影。
これは最後に帰るときに、合成写真となって仕上がっています。

スポンサーリンク

65階はガラス張りの展望室

まずは65階へ。
エレベーターを降りると、プロモーション映像を見てから展望室へ。
おおー。素晴らしい。

街歩きした場所が、あそこもあそこも上から見えるます。
自分たちが宿泊しているコンドミニアムが、はるか向こうの海のほうに見えるます。
ある程度街歩きしてから登ると、ほんと面白いです。

窓の外では、TheGravityz(命綱をつけて、外を歩いたり身を乗り出したりするアレ!)の人たちがいて、手を振ったりしてのどかな感じ。
いいなー。やれば良かったかな。でも、パパに止められたんだよね。ま、そりゃそーだ。

TheGravityz、私が見たときは、外でやってる人がポーズをとるたびに自分のカメラをほかの人に渡して撮ってもらったりしていました。結構自由なのね。
複数人でいって、展望室で待ってる人とかいるようなら、その人にカメラを渡しとくと安全で良いかも。

忍者レフ
よしみカメラ
¥5,270(2019/11/17 20:13時点)

ガラス越しになるから、自分の写りこみを防ぐために忍者レフとかあるといいと思うけど。


透明な床は68階だと聞いていましたが、65階にもあって写真を撮ったりして遊べます。
全部透明かと思ったら、一部の床が鏡でナゾでした。

1周すると、またエレベーターで上の階(68階)に上ります。

スポンサーリンク

68階は屋上!気持ちが良い

68階は65階とは違って外。地上245mの高さだそうです。
自由に好きなだけのんびりできます。

行った日は土曜日で、団体観光客が何組かいましたが、そこまで混んでるって感じはありませんでした。
昼間で暑かったからかな。ベンチには空きがけっこうありました。

スポンサーリンク

Rainbow Skywalk

よく写真で見かける、ガラスの床です。
靴に不織布のカバーをつけて歩きます。
最初はおっかなびっくりですが、慣れると普通に歩けてしまう。

なんだか知らないけど、みんな寝そべりたくなる

ここではのんびりしていると、陽気で大変調子のよいカメラマンさんが写真を撮ってくれます。

「写真を売りつけられるのかよ~」と思うかもしれませんが
1枚買うと、撮影した全部の写真データがもらえます。
オトクだと思います。私は1枚だけ買いました。それで、20枚分くらいのデータがもらえました。
その体験談、ちょっと詳しく書いてみました↓

https://akaaka-ohana.com/2018/09/journey/malaysia/285/
スポンサーリンク

フォトスポット。たぶん、3Dアート。


子供たちは大喜び。
日本みたいに「ここから立って写真をとると、うまいぐあいに3Dに撮れます」って表示がないので、立体感なし。

スポンサーリンク

お金が貯まる椅子

すごい椅子。座り心地は微妙。

他にも、いかにもお金の貯まりそうな噴水などもあって、全体的に中国の観光地っぽいノリでした。

屋上は暑いので、子ども達が暑い暑いとピーピー騒いだので降りることにしました。

帰りも2段階で(一度65階で下車)下まで降りるので、結構時間がかかります。
下で降りると、最初にエレベーターに乗る前に撮った写真を売る場所がありましたが・・・
こっちは微妙なので買いませんでした。
合成する写真が微妙^^;昼間行ったのに、なぜか夜景写真と合成されてました。

最後、ベビーカーをもとの場所で回収して
帰りに68階から見えたスーパーマーケットGAMAに行ってコンドミニアムに戻りました。

コメント